読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んで火に入る本の虫

ブックレビューです。良書のみおすすめします。ネタバレなし。

女の一生 サチ子の場合  遠藤周作

この作品は第一部と、沈黙 (新潮文庫)を合わせて三部作と言えるだろう。 女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫) 「沈黙」では文章が極力省かれ、いささか物足りない感じがした。例えば「キクジロー」がどういう人物だか今一つ分からない。マーティン・スコセ…